2024年4月

医療従事者のみなさま
マイナカードを用いたデジタル化の未来像は

政府主導による「デジタル社会のパスポート」と位置付けられたマイナンバーカードやマイナポータルサイトを始めとするデジタル化推進策。 日本国民のマイナカード総保有枚数は約9,200万枚(本年3月末時点)にのぼり、総人口におけ […]

続きを読む
業務効率化<インフラ整備関連>
Wi-Fi7のもたらすインパクト

Wi-FiAllianceによるIEEE802.11be(Wi-Fi7)発表から国内メーカーによる対応製品発売まで急激に進むWi-Fi技術の進化とその加速化。 最新規格IEEE802.11be(以降は本規格)は現状では「 […]

続きを読む
セキュリティ対策
脆弱性の高いアプリやソフトへの警戒とセキュリティ強化に

たとえばリモートアクセスするには必須のリモートデスクトップのソフトですが、サイバー攻撃に遭いやすく、狙われやすいと指摘されています。脆弱性評価システム(CVSS)からは攻撃者が重要システムや機密情報にアクセスしかねない致 […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
AI活用に向けた取り組みは

業務へAI利用している方は昨年度にとられた統計調査から調査対象の約1万5千人の就業者のうち約6%とまだまだ少数派、利用率も業種により最大7倍もの開きを見せています。しかし業務利用による生産性向上や効率アップの効果が多くの […]

続きを読む
業務効率化<インフラ整備関連>
ソリッドステートドライブ(SSD)活用には

SSDは読み書き速度がHDDと比較して高速なのが特徴。また壊れにくいメリットがあげられます。機械的に動作する部分が少なく、振動や衝撃にも強いのです。そうは言ってももちろん故障は起こることが前提で考えるべき。長く安全に利用 […]

続きを読む
業務効率化<インフラ整備関連>
高速無線LAN構築には

新型ウィルス蔓延を契機に従業員のテレワークによるオフィス稼働率の低下が続いたことで効率改善と働き方改革の実現へ向けた取り組みが活発化しました。既存の無線LANインフラの更新タイミングが近づいた機会にリプレースするのは新た […]

続きを読む
業務効率化<インフラ整備関連>
広がる超高速Wi-Fiの活用シーンは

通信の効率化や遅延の発生防止など様々な観点から飛躍的に向上した新時代の高速通信。IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)では IEEE802.11be […]

続きを読む
業務効率化<インフラ整備関連>
散らばりがちなマーケティングデータの迅速な統合管理・運用には

顧客体験の適正化・ニーズの見える化など迅速なサービス展開を目指して取り組めば、年間に数十万時間単位での労働時間削減も成し遂げられるのがマーケティングデータのクラウド化による統合運用管理体制の構築。それに向かってインフラの […]

続きを読む
業務効率化<インフラ整備関連>
空間コンピューティングデバイス「Apple Vision Pro」のゆくえ

米国にて先月発売されたばかりのこの製品ですが、超高額(約53万円)な値段が注目される一方、もたらされたインパクトはどうだったのか?今回はこの話題を簡単に取り上げます。 他製品との画質や操作性の違い アップル社が新たに提唱 […]

続きを読む