Wi-Fi7

Wi-Fi7
ネットワーク利用時の電力消費の削減には

高騰する電気ガスなどのエネルギー料金ですが、大手企業を始めとして無駄な照明や空調利用を控え電力消費を抑えようと悪戦苦闘する動きが強まりつつあります。そんななかネットワーク利用時の電力消費削減にはどのような策が有効でしょう […]

続きを読む
Wi-Fi7
IoT向けWi-Fi通信規格のご紹介

これまで電波干渉や速度遅延・切れやすさといった通信障害が発生しやすかったのが「2.4」や「5」GHz帯の電波。2.4GHz帯はBluetooth接続や電子レンジにも使われており、電波干渉を起こしやすいことが知られています […]

続きを読む
Wi-Fi7
「6GHz」帯を使えるITインフラ整備には

新規格Wi-Fi「7」では、2.4・5・6GHz帯が同時に使えチャネル数も格段に増えます。チャネル数が増えれば通信速度も接続可能なクライアントデバイス数も相乗的に広がっていくのが大きな特長。やはり旧規格「6E」と「7」の […]

続きを読む
Wi-Fi7
「超高速」Wi-Fiならお任せください!

Wi-Fi利用の広がりから同時接続される端末数は増加の一途をたどっています。高解像度な動画を見たり、快適なオンラインミーティングを開催するには安定的トラフィックを実現できる高性能な機器が必須となり、必要な帯域幅も安定して […]

続きを読む
Wi-Fi7
Wi-Fiスピード実測向上への取り組み

2000年以前では利用可能な無線LANの帯域は2.4GHz帯のみでしたが、01年頃ようやく5GHz帯の一部が認可され「デュアルバンド」化。22年に初めて6GHz帯の一部利用も認可、2.4/5GHz対応の「6」(IEEE […]

続きを読む
Wi-Fi7
セキュリティリスクとなった旧式ルーター

23年に警視庁が公開した家庭用ルーターの不正利用事件から一年が経過、残念ながら現在進行形で古い型落ちのルーター製品を使っておられる方々にとってセキュリティリスクはますます高まっています。 遡って19年には総務省や情報通信 […]

続きを読む
Wi-Fi7
ハイブリッドワーク時代のネットワークに必要なもの

オフィスのネットワークの管理運用におけるノウハウ・スキルなどマネジメントに関する手間暇は近年増えつつあります。こうしたITインフラ担当者の負担を減らし、ハイブリッドワークにも適したネットワークへの転換が求められてはいます […]

続きを読む
Wi-Fi7
ハイブリッドワーク時代のネットワーク高速化と安定運用へのヒント

新型ウィルス蔓延以降に浸透したテレワーク、近年はオフィス勤務とテレワークが混在する「場所を問わない」ハイブリッドワークが増えつつあります。テクノロジーとデータを活用したDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進とと […]

続きを読む
Wi-Fi7
Wi-Fi7のもたらすインパクト

Wi-FiAllianceによるIEEE802.11be(Wi-Fi7)発表から国内メーカーによる対応製品発売まで急激に進むWi-Fi技術の進化とその加速化。 最新規格IEEE802.11be(以降は本規格)は現状では「 […]

続きを読む
Wi-Fi7
高速無線LAN構築には

新型ウィルス蔓延を契機に従業員のテレワークによるオフィス稼働率の低下が続いたことで効率改善と働き方改革の実現へ向けた取り組みが活発化しました。既存の無線LANインフラの更新タイミングが近づいた機会にリプレースするのは新た […]

続きを読む