業務効率化<AI関連>

業務効率化<AI関連>
実は電力爆食いだったAI?!

昨年グーグルは同社サービスによって排出された温室効果ガス量が二酸化炭素換算でおよそ1430万トンを記録したと発表しました。これは19年と比べ48%の大幅な増加率。生成AI関連の開発や利用が急速に進んだことで同社データセン […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
プロンプト作成のコツ

たとえば出力回答を目的にかなう形に持っていくには「プロンプト内容に創意工夫をこらす」ことが必要ですが、指示入力時に長くなりがちなプロンプトを細かく整える手間暇は負担に感じる方がほとんど。同じような条件の指示を繰り返すケー […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
AIの具体的活用策を考えるヒント

たとえばOpenAI社の大規模言語モデル(LLM)を内蔵した「Copilot for Microsoft 365」。サービス改訂に伴い一人ユーザーからでも購入可能になり、導入に向けたハードルは依然と比べ大きく下がりました […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
AI活用に向けた取り組みは

業務へAI利用している方は昨年度にとられた統計調査から調査対象の約1万5千人の就業者のうち約6%とまだまだ少数派、利用率も業種により最大7倍もの開きを見せています。しかし業務利用による生産性向上や効率アップの効果が多くの […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
AI搭載PCの要件は

半導体製造販売大手のIntel社とMicrosoft社が新たに登場したCore Ultraプロセッサの発表と合わせ、AI処理を高速に行える「AI搭載PC」に関する定義を共同で定めました。AI搭載による意味合いを含め、今回 […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
グーグルAIサービスの進化

先日お目見えしたグーグル社の新AIサービス『Gemini』ですが、質問内容をメッセージ送信すれば回答を受け取り、プライベートにも業務にも使える優れた製品と言えそうです。複雑なタスクにも対応可能な最上位モデル「Gemini […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
AI搭載PCの到来とOSアップデートの相関性

OS11は本年後半に大型アップデート「24H2」が予定されています。内部開発コードでは「Hudson Valley」と呼ばれるこのアップデートですが、「Sun Valley」と呼ばれたOS11登場以来の大規模な改変となる […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
MS社AIのサービス拡大

Microsoft社は本年1月中旬「Copilot for Windows 365」(旧称「Microsoft 365 Copilot」)の提供を中堅中小企業向けにも拡大して開始しました。個人向けの有料プランもまた発表さ […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
「GPTs」の活用とは

OpenAI社がオリジナルAIチャットを自作できる「GPTs」機能を追加したことを先日発表。公式「GPT Store」も開始により作成したAIチャット(アプリ)の公開も可能になりました。アプリの有料販売については後日スタ […]

続きを読む
業務効率化<AI関連>
Google最新AI「Gemini」とは

これは同社の最新技術を駆使したマルチモーダルとしてゼロから構築した新たな生成AIのこと。テキスト・画像・音声・動画・コードなどさまざまな情報を一般化してシームレスに理解したうえでいろいろな操作を行い組み合わせることが可能 […]

続きを読む