OS移行・PC入れ替えのベストタイミングは

最近Intel社は第14世代Intel Core HXシリーズのIntel Core i9-14900HXを発表、AMD社は発表済みAMD Ryzen 8000シリーズを前面にアピールしてAI処理を支援するNPU(ニューラルプロセッシングユニット)に対応したエッジ側のAI処理能力強化を加速させています。こうした動きは近づくAI時代を見据えたものとして注目されます。

来年のWindows10サポート終了を迎えた需要増

最新プロセッサー対応PCについても「Acer・ASUS・Dell・HP・Lenovo・Microsoft・NEC」などメジャーメーカーが続々とニューモデルを発表しています。Windows10サポート終了を来年に控え、企業におけるPC買い換え時期として本年が適しているのは論を俟ちません。AI時代の到来に伴う前述のNPUも相まり、処理能力を高め様々な業務シーンにおいてAIを活用できるモデルが要求される時代が予見されるからです。

Wi-Fi7(802.11be)サポートは

本年のWindows11アップデートについてMicrosoftでは秋冬リリースを予定しておりますが、いわゆるWi-Fi7(802.11be)をサポートしているのは現時点で一部最新機種にとどまっています。ほとんどの機種ではいまだ未サポートでありMicrosoft側でOS11バージョン24H2の新機能として用意、バージョン23H2にバックポートする可能性も考えられます。

またMicrosoftの方向性としてCopilot等のAI機能の全面的活用に舵を切りつつあるのは間違いありません、そうしたなか自社運用に最適なPC・アプリの選定にお悩みの方々も多いのではないでしょうか?

WindowsOS11へ最適なタイミングで移行を図るうえで、業務に悪影響を与えないためにはそれ相当の事前準備と予行演習が確実に必要です。弊社では、そうした課題を解決するソリューションのご提案が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせお待ちしております。詳しくご記入くださいますと幸いです。原則として翌営業日までにお返事させていただきますが、内容次第では…

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。